2012年09月03日

Counterpoint SA-5000修理(1)

カウンターポイントSA-5000という、高級プリアンプの修理を依頼されました。
sa5000_1.jpg

ボリュームは、Noble(帝国通信)製。
DENON等の中〜高級機で使われていたのと同じでしょうか。
sa5000_2.jpg

ボリュームのブラシの先が摩耗を通り越しています。
sa5000_3.jpg

メインボリュームは、日本橋で見つけたオーディオ用に交換します。
これだけでも元に戻りますが、更に高音質を求めたいというご要望なので、
トリムのボリュームをアッテネーターに交換します。

日本が世界に誇るセイデン製 P型アッテネータ
APAT3250M50K スクアランオイル仕様
sa5000_4.jpg

ベルデンのケーブルで配線
sa5000_5.jpg

電解コンデンサはアメリカの普及品。
しかも真空管の直近に配置されているので、パンク寸前。
sa5000_6.jpg

外すと、液漏れの始まっている物もありました。
sa5000_7.jpg

日本ケミコン製105℃品に交換。
一応、真空管直近の2本は遮熱しておきます。
sa5000_8.jpg

何かリアパネルのRCA端子が不揃いに見えると思ったら、
ワッシャが一部のボルトにしか入っていません。
sa5000_9.jpg

基板にストレスもかかるので、全てのボルトにワッシャを入れました。
sa5000_10.jpg

ボリュームのツマミとパネルとの間には、薄いフェルトを挟みました。
sa5000_11.jpg
 
posted by t-box at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90942837

この記事へのトラックバック