2013年02月03日

レコードとCDの比較(2)

次に、ダイナミックレンジ(音圧範囲)ですが
レコードは実測上65dB程度と言われています、CDは規格上96dBまで可能です。
(SACD、DVDオーディオは120dBまで可能)

では、市販のCDはそのダイナミックレンジの広さが生かされているのでしょうか?

波形を比較してみます。

アグネス・チャン / ひなげしの花 (1972) レコードの波形です
hinageshia.jpg
hinageshiw.jpg


風になる / つじあやの (2002) レコードの波形です
kazeninaruw.jpg
kazeninaruw.jpg


アグネス・チャン / ひなげしの花 市販CDの波形です
hinageshi_cda.jpg
hinageshi_cdw.jpg

波形のピーク(尖っているところ)がバッサリとカットされています。(画像の赤丸の部分)
これでは、アグネス・チャンの伸びのある歌声を聴く事ができませんし、全体的に抑揚のない平べったい音になってしまいます。

AIKO / ボーフレンド
aiko.jpg

これも波形のピークがカットされています。
CDしか出ていないので、どうしようもないです。

風になる / つじあやの CDの波形です
kazeninaru_cda.jpg
kazeninaru_cdw.jpg

これは波形のピークを圧縮しています。

カゴメ野菜生活 / つじあやの (2012) CDの波形です
yasaia.jpg
yasaiw.jpg

波形の圧縮をしていないか、していてもごく少量と思われます。
良心的なCDです。
 
posted by t-box at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

レコードとCDの比較(1)

周波数範囲を比較してみました。

レコードは、40kHzあたりまで記録できると言われています。
画像の緑線は20kHz、黄線は40kHzです。

Norah Jones / Come Away With Me (2002)
norah.jpg

アグネス・チャン / ひなげしの花 (1972)
hinageshi.jpg


Helen Merrill With Clifford Brown & Gil Evans / You'd Be So Nice To Come Home To (1954)
helen.jpg


CDは、規格上22kHzまでしか記録できません。
画像の緑線は20kHzです。

アグネス・チャン / ひなげしの花 (2000年発売のベストCD)
hinageshi_cd.jpg


カゴメ野菜生活 / つじあやの (2012)
yasai.jpg

ちなみに、SACDおよびDVDのリニアPCMオーディオは48kHzまで記録できます。
SACDは対応しているプレーヤーが少なく、自作もできません。
DVDで音楽を販売して欲しいですね。
 
posted by t-box at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2012年12月20日

12Vで動作する真空管アンプ(2)

車の後部座席に積んでみた時の写真です。
やはり、トランジスタアンプとは聴きやすさが全然違いますね!
そのうちアンプを組み込みたいと思います。

6rr8-2.jpg
 
posted by t-box at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2012年12月17日

アンプの波形を見てみる

Waveganeというフリーウエアで作成した矩形波をサウンドボード(SE-200PCI)で再生したときの波形。
若干のオーバーシュートとリンギングがあります。そのうちオペアンプ交換等したいと思います。
左から100Hz、1kHz、5kHz
input.jpg

真空管アンプの波形を8Ω抵抗負荷、普段聞いている音量(0.3W程度)で見てみました。
回路や部品(特にトランス)が違うので、一概に比較は出来ません

6CA7(松下)プッシュプル
素直な形でありながら、入力のリンギングが消えています。
正弦波の歪みも全体域にわたって低く、やはり標準機として捨てられません。
6ca7.jpg

6GF7A(国産)シングル
応答は速いですがオーバーシュートが強調されています。
6gf7a.jpg

2A3(マツダ)シングル
若干高域の波形がなまっているものの、昭和20年代の真空管で、普通の回路、普通の安い部品でこれだけの性能が出ます!
ちなみに、この真空管を1本当たり4000円程度で購入しアンプを製作してから約1年半、両親が毎日森進一のCDを1〜2時間演奏していますが、まだまだ元気に鳴っています!
2a3.jpg

300B(CETRON)シングル
波形がなまっています。
正弦波の歪みは、中域は6CA7プッシュプル並に低いですが、低域や高域は高くなります。
300b.jpg

UY-807(東芝)シングル
上の300B用に製作したアンプから、ソケットとバイアス回路とヒーター電圧を変えただけです。
2A3と6CA7の中間みたいな感じです。
正弦波の歪みは300Bより高いですが、全体域にわたって同じくらいで、また入力が高くなるにつれて徐々に増幅率が下がる歪み方なので、聴いていて不自然感や不快感は全く感じません。
807.jpg
 
posted by t-box at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2012年12月12日

12Vで動作する真空管アンプ

12V:つまり車のバッテリーやデスクトップPC内部で動作可能な真空管アンプです。
スイッチングレギュレーターで12Vを140Vに昇圧しています。
6R-R8(WE404,6R-R27)トランス入力単段シングル、3結とULの中間くらいの動作です。
6畳以内の部屋や小型車内ならスピーカーでも普通に聴けます。

6rr8-1.jpg
 
posted by t-box at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | オーディオ