2014年01月18日

電気蓄音機改造

外部スピーカーやヘッドフォンを接続できる様にしました。
驚くほど良い音が出ます!
皆さんもいかがですか?
img_4221u.jpg

 
posted by t-box at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2013年12月31日

UY-807A

戦争のために開発させられたUY-807Aと、
時を経て、平和の祭典、東京オリンピックで活躍した6GB8

左から
マツダ(東芝) UY-807 (多分戦後製)
日本軍向け UY-807A (昭和19年製)
マツダ(東芝) UY-807A (昭和18年製)
東芝 6GB8 (昭和40年前後製) 
IMG_4178u.jpg
 
重厚な音を奏でるUY-807A。
IMG_4135u.jpg

posted by t-box at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2013年10月23日

おすすめコミック とりぱん15








とりぱん(15) [ とりのなん子 ]


価格:
650円
(2013/10/23 22:25時点 )


感想:2件



posted by t-box at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア

2013年10月17日

2013年09月15日

UY-807(6)

807という真空管の歴史を調べてみました。
RCAが1935年に6L6を発表
→1937年に6L6を通信用にパワーアップした807を発表
→オーディオから通信機まで幅広く、安価に高出力が得られる万能管としてヒット
→日本の各社も量産
→東芝が陸軍の要請で、807を高周波特性を改善+小型化したUY-807Aを開発
→芝が海軍の要請で、UY-807Aを更に小型化したFZ-064Aを開発→零戦の通信機に搭載
FZ-064Aの技術がアメリカに接収されて、オーディオの名管6L6GCが生まれた?

戦後は再びUY-807、UY-807Aが生産され、70年代に高性能トランジスタが出現するまで、アマチュア無線、警察無線、学校放送、鉄道(、少し形を変えてテレビ)等々で活躍したそうです。

写真はマツダ(現:東芝)のUY-807です。昭和20年代?
uy807mazda.jpg

posted by t-box at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ